ホーム > Top > 女装する時の一人称ってみんなどうしてる?

女装する時の一人称ってみんなどうしてる?


平素より大変お世話になっております。



麗日 奏です。



写真はこの間新しく出たgloを買った時に撮った写真です。



この型はデザインがエレガントだし、コンパクトでよいです。



もう一つのglo proって方も持ってます。





先日ふと、このようなツイートをしました。



Array

そう、私とお会いした事がある方はお分かりだと思いますが、私の一人称はA面でもB面でも関係なくボクなのです。



何故、私は私と自らを呼称している(いた)のか。





それは自分の中で女装している時とそうでない時の境界線を明確にするため。



そうは言うものの私を使っていたのはネット上のみだったのですが。



まあ、麗日奏は元々Twitter上に爆誕し、風俗嬢を始めるまでは自らを呼称する必要もなかったので、ネット上では継続して私、リアルでは私の自然な一人称であるボクを使用するようになりました。



しかしながら、麗日奏と私は日に日に1つになって行き、地毛で女装するようになったことでその兆候は急速に加速しました。



正直、今はA面とかB面とかの境界線は無くなっていると言っても過言ではありません。



地毛なのでウィッグのように着脱は出来ませんし、マツエクは標準装備ですし、仕事が終わった後化粧を落とさず帰ることもしょっちゅうです。



休日でさえ軽く化粧をするときもあります。



そんな私が私を使用しているのはなんだかおかしい気がしてきたのです。





女装をしている時の一人称って悩む人多いと思います。



私という人もいれば、ボクという人もいるし、ウチという人もいますよね。



上述の通り境界線を明確にする、つまり、趣味として女装を行い、非日常感を楽しみたいという方は一人称を普段と違うものにした方が良いのかもしれません。



私も一応最初は趣味でしたし、私を私と呼称していました。



そこら辺は自分をどういうイメージにしたいのかということをよく考えれば明確になると思います。



具体的にいえば、ボクの場合、清楚系おっとりお姉さんをイメージしているので、私を使用していました。



しかしそれが、例えばギャルっぽいJKとかだと私よりうちの方がしっくり来たりしますよね。





女装というのはそれまで積み重ねて形成された自分自身とは別の新しい自分を一から作り上げる作業に他ならないと思うので、よくよく考えればそれは結構難しい作業だと思うのです。



アパレルではターゲットのイメージ像を作る時、そのターゲットの年齢のみならず職業や趣味などいろんな要素を考え、ターゲットのイメージをより明確化します。



女装とはその作業をもっと深堀して、それを自分自身に落とし込んでいく作業だと思います。





話がだいぶそれてしまいました。





皆さんは一人称どうやって考えましたか?



私、気になります!





なんやかんやお話しましたが、今後はこのブログでもボクを使用していくのでよろしくお願いします。





お読みいただきありがとうございました。





ニューハーフヘルスアルテミス横浜店



麗日 奏



Twitter https://twitter.com/kanadefleur



Instagram https://www.instagram.com/kanadefleur/?hl=ja



お店のサイト http://yokohama.boys-girl.com/prof.php?item_id=99



応援よろしくお願いします。↓


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大人の生活ブログ ニューハーフ風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


女装(ノンアダルト)ランキング

Array





kanade uraraka

kanade uraraka

麗日奏(うららかかなで)と申します。美しく、穏やかである。そんな願いを込めて。
大阪大学卒。元アパレル系。

私には夢があります。その夢を叶えるために上京したのですが適応障害になってしまいました。
その後様々なご縁があって今に至ります。
諦めてはいません。必ず夢を叶えます。

美しい音楽、美しい服、美しい光景、美しい人が好き。
私も美しくなって、美しい世界に生きていたい。

性自認は男性。
LGBTQの中で言えばクエスチョニングになるのかな。

よろしくお願いいたします。

I'm Kanade Uraraka.
My name derives from my wish for being more beautiful and for the life with calmness.

I was graduated from Osaka University.
I have worked at fashion industry.

I have a dream.
I had come to Kanto region for making my wish come true, butI have 
gotten adaption disorder.
After that, something like a destiny let me come here.
I have never give up.
I will make my dream come true certainly someday.

I love beautiful music, clothes and spectacles.
I wanna be beautiful and live in the beautiful world.

My sexual identity is male.
I guess I'm a questioning in the LGBTQ range.

Nice to meet you.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)