ニューハーフヘルスアルテミス横浜店で働く女装子 麗日 奏がブログのネタを思いつくとき

ブログ
この記事は約4分で読めます。

平素より大変お世話になっております。



麗日 奏です。





今日は私がブログのネタをどういう時に思いつくのか、それからコンテンツについて少しお話しようかなあと思います。





私がブログのネタを思いつくのはTwitterのリプライをしている時です。



やはり何もないと何書こうかなあって結構悩んでたりしてます。



でも、リプライっていうのは誰かがつぶやいたことに対して、自分が考えた事を述べるわけです。つまり反応をするわけですね。



で、Twitterは140字という字数制限があります。



だからこそ、それを深堀することで、なかなかの文章を書けたりします。





或いは、自分がどこかに出かけたとか何かをしたとかそういうアクションを起こしたときに、これを記事にしようって思ったりします。





つまり、書いてる内容は結構自分の内面的な所が多いですが、それは外的要因がないとなかなかそれに気づいたりするのが難しかったりします。



なにかしらの刺激が必要ということですね。





つまり私がコンテンツを生成するためには、WEB上にしろリアルにしろ外の世界と関わっていないといけないということになります。



といっても、やりすぎると疲れるのであくまで自分のキャパを超えないようにスローペースでやっていきたいなあと思っています。





私のブログは私自身について発信するものなので、とりわけこういう努力が必要になるんじゃないかなと思います。



どのようなコンテンツであれひたすらパソコンとにらめっこして書き続けることには限界があると思いますがね。



ゆるーく頑張っていきたいですね。





私のブログは「麗日 奏」についてというかなりレンジが広いものなので、何について書くかさえ思いつけばそこから先は楽なのですが、レンジが狭くて深い物になればなるほど専門的な知識やきちんとしたリサーチが必要になってくるので大変だろうなあと思います。



それに比べれば私のこのブログは書くだけならイージーなのです。



しかし、考えた事や感じた事を書くので私自身が浅い人間であれば面白いと思ってもらえるコンテンツを生み出すことは出来ません。



そういった意味でもまた、色々な人やモノと交流して見識を深める必要があるのです。



人と同じものを見ても、違った観点からそれを見ることが出来たり、或いは他の人が経験したことがないことをたくさん経験してこそ、こういう自分に焦点を当てたブログという物は差別化ができるのではないかと思います。





最近はインプットの時間がだいぶ少なくなってしまったので、そのうちそういう時間も作れるようにしていきたいですね。







ここからはコンテンツ自体について、つまりこのブログの記事を書くときに気を付けていることをお話します。





記事に限らずどんなものでもそうですが、相手の気持ちを思いやることは大事だと思っています。



つまり、



①読みやすい文章になっているか



②文章の前後関係はおかしくないか



③誤字、脱字はないか



という文章自体に気を使っています。



また、内容については



①ネガティブワードを出さない



②読んでいて(タイトルにもよるけど)極力楽しい気持ちになったり、なるほどと思ってもらえるような内容にする



③特定の人やモノに対して批評しない



ということを意識して書いています。





読んで嫌な気持ちにはなってほしくないですからね。



その上で私という人間に興味を持ってもらえるような内容を頑張って書いています。



それが今のお仕事や今後の活動に繋がると信じていますからね。







お読みいただきありがとうございました。





ニューハーフヘルスアルテミス横浜店



麗日 奏



Twitter https://twitter.com/kanadefleur



Instagram https://www.instagram.com/kanadefleur/?hl=ja



お店のサイト http://yokohama.boys-girl.com/prof.php?item_id=99



応援よろしくお願いします。↓


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大人の生活ブログ ニューハーフ風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


女装(ノンアダルト)ランキング

Array

コメント

タイトルとURLをコピーしました